スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ザイFX!]DMM.com証券が、スプレッド縮小&ギフト券か現金がもらえるキャンペーン!

→お勧めFX関連情報





DMM.com証券は、2月21日(月)から「スプレッド際限ギリギリキャンペーン」をスタートした。

また、最大1000万円分の「DMM共通プレゼント券」、もしくは、現金円500万円がもらえるキャンペーンも、2月21日(月)からスタートした。

「スプレッド際限ギリギリキャンペーン」は3月31日(木)まで。

キャンペーン期間中、すべての通貨ペアのスプレッドを標準時よりも縮小して提示してくれる。米ドル/円は「原則固定0.7銭」、ユーロ/円は「原則固定1.0銭」など。

ただし、相場急変時など、スプレッドが広がることもアルのでご注意を!

また、DMM.com証券が2010年のFX年間取引高第1位(矢野経済研究所調べ)を獲得したことを記念した「2010年FX年間取引高第1位感謝キャンペーン」も行われている。期間は2月21日(月)~3月31日(木)マーケットクローズ。

新規取引のロット数に応じて現金バックがもらえるもので、「DMM共通プレゼント券」または「現金円現金バック」のどちらかが選べる。

新規取引200ロット以上で、「DMMプレゼント券」ならば1000円分、現金円ならば500円の現金バックがもらえて、最大で「DMM共通プレゼント券」ならば1000万円分、現金円ならば500万円を現金バックしてくれる。

なお、各キャンペーンの詳細等については、必ずご自身でDMM.com証券のサイトなどでご確認いただきたい。

●こちらもご覧ください⇒「DMM.com証券で、口座開設&スプレッドキャンペーン開催中!」

(ザイFX!編集部・小林由二)

図版入りの記事はこちら


■関連記事
・[ザイFX!]FX企業徹底比較!:DMM.com証券[DMM FX]
・[ザイFX!]DMM.com証券で、口座開設&スプレッドキャンペーン開催中!
・[ザイFX!]FX企業徹底比較!:マネーパートナーズ[パートナーズFX]
・[ザイFX!]FX企業徹底比較!:GFT東京支店
・[ザイFX!]FX企業徹底比較!:マネックスFX[外貨deサポート]

■ザイFX!とは?
月刊マネー誌『ダイヤモンドZAi』が作った外国為替とFXのポータルサイトです。







→お勧めFX関連情報


kanakohime7さん

日本のFXでの利得は誰から取り、誰に損失をもっていかれるのか?。
FXで投資した際にでる損益は、
誰から利得を得て、誰に損失をもっていかれるのでしょうか?。
日本国内だけでそういった資金銭が廻ってるのでしょうか?。
それとも海外からもふんだくったり、ふんだくられたりしてるのでしょうか?。

特に,
くりっく365は、インターバンクのレートを参考にして、カバーせずに、
投資家の間で、限られる枚数を取引しているのでしょうか?。

宜しくお願いします。




ベストアンサーに選ばれた回答

ado1066aet2さん

為替市場はFXだけの為に在るのではありません。

実際の為替市場ではFXの取引だけでなく、貿易などに伴う実需の外貨の取引も行われています。誰かが儲けるためには他の誰かが損をしなければなりませんが、FXの仲間入り者の間だけでお金銭の奪い合いをやっているわけではありません。輸出や輸入をやっている企業は為替市場に間違いなく仲間入りしているし、誰かが外貨預金銭をしたり、海外旅行に出かける時に空港で両替したり、海外のショッピングサイトでクレジットカードを使ったりしても為替取引が行われることになります。

だから誰が損をしているのか特定するのは難しいですが市場仲間入り者の間で損をしたり、得をしたりしているだけで為替市場に仲間入りしている全員が利得を得ることは有り得ません。
例えばドルが高くなればFXでドルを買った人、アメリカに海外旅行に行く日本人、海外のショッピングサイトでショッピングをする人、輸入品を買う人などが儲けることになり、逆にFXでドルの売りポジションを持っていた人、日本に観光に来るアメリカ人、アメリカに製品を輸出している日本の企業などが損をします。
ドルが安くなればこの逆です。

くりっく365も実態を詳しく知っているわけではナイですがおそらく基本的にカバーしているはずです。直接的にはマーケットメーカーという大手金銭融機関と個人の相対取引ではありますが、結局は大手金銭融機関が最終的には何らかの形でカバーを出していると思います。




東京外為市場・午後3時=ドル83円前半、日本国債の見通し引き下げで円が軟調
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110222-00000636-reu-bus_all


→お勧めFX関連情報



FXで勝てる手法。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベンジャミン

Author:ベンジャミン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FX FX 初心者 必勝法 super sonik
FX システムトレード ソフト
FX システムトレード 簡単
FX システムトレード 検証
FX システムトレード 自動売買
FX スキャルピング スプレッド
FX スキャルピング テクニック
FX スキャルピング 必勝法
FX スキャルピング 手法
FX スキャルピング 商材
FX スキャルピング 本
FX スプレッド
FX セミナー
FX デイトレ スプレッド
FX デモトレード
FX ファンタジックな資産の増やし方emperor-fx
FX ランキング
FX レバレッジ
FX レバレッジ 初心者
FX レバレッジ 必勝
FX レバレッジ 倍
FX 外国為替証拠金取引 比較
FX 兄貴
FX 自分でできるfx教室
FX 初級者でも理解しやすいfx
FX 初心者
FX 初心者 ファンタジックな資産の増やし方emperor-FX
FX 初心者 必勝法 super
FX 比較
FX 比較supersearch
FX 乱獲 fx
FX 乱獲fx
FX 乱獲fxは人生を変える
FX 必勝法
fx入門
システムトレード
システムトレード 教材
システムトレード スキャルピング
システムトレード テクニカル
システムトレード フリーソフト
システムトレード ランキング
システムトレード 外為
システムトレード 確率
システムトレード 自動売買
システムトレード 初心者
システムトレード 選び方
システムトレード 比較
システムトレード 評価
システムトレード 本
スキャルピング
スキャルピング コツ
スキャルピング テクニカル
スキャルピング 教材
スキャルピング 株
スキャルピング 講座
スキャルピング やり方
スキャルピング 勝率
スキャルピング 商材
スキャルピング 知識
スキャルピング 本
スキャルピングfx
スキャルピングfxプロ
スキャルピング入門
デイトレ
デイトレ FX
デイトレ コツ
デイトレ スキャルピング
デイトレ ソフト
デイトレ ツール
デイトレ テクニック
デイトレ やり方
デイトレ ランキング
デイトレ 株
デイトレ 極意
デイトレ 比較
デイトレ 初心者
デイトレ 入門
デイトレ 必勝
デイトレ 必勝法
デイトレ 方法
デイトレで稼ぐ!
デイトレ講座
ドリフト デイトレ
ドル円 外為
バーチャルFX 外為どっとコム
マネーパートナーズ レバレッジ
みんなのFX
みんなのFX システムトレード
レバレッジ 教材
レバレッジ 講座
レバレッジ 商材
レバレッジ 稼ぐ
レバレッジ 効果
レバレッジ 取引
レバレッジ 証拠金
レバレッジ 証券
レバレッジ 勉強法
レバレッジの比較
為替 スキャルピング
為替 デイトレ
為替 レバレッジ
為替チャート 外為
為替鬼 スキャルピング
為替鬼のfx スキャルピング入門
外為
外為 証拠金 取引
外為fxスキャルピング
外国 為替 証拠金 取引 FX レバレッジ 設定
外国為替 レバレッジ
外国為替証拠金
外国為替証拠金 商材
外国為替証拠金 講座
外国為替証拠金 教材
外国為替証拠金 比較
外国為替証拠金取引
外国為替証拠金取引 初心者
外国為替証拠金取引 fx取引
外国為替証拠金取引 比較
外国為替証拠金取引 ツール
外国為替証拠金取引 ソフト
外国為替証拠金取引 稼ぐ
外国為替証拠金取引 ランキング
外国為替証拠金取引 入門
外国為替証拠金取引 必勝法
外国為替証拠金取引 選び方
株 レバレッジ
株式 デイトレ
株式 レバレッジ
株式投資maアセットデイトレ講座
株投資 システムトレード
逆張り スキャルピング
証券マン デイトレ
資産 10倍 乱獲 FX
初級者でも理解しやすいfx
商品先物 レバレッジ
信用取引 デイトレ
先物 システムトレード
先物 スキャルピング
先物取引 レバレッジ
投資 レバレッジ
投資信託 レバレッジ
日経 FX レバレッジ
日経225 スキャルピング
日経225 デイトレ
日経225 デイトレ 投資家心理を読んで「負けない」投資を
日経225先物 デイトレ
日経先物 システムトレード
日経先物 デイトレ
羊飼い FX
乱獲 FX
FX スキャルピング 手法 マニュアル
システムトレード マニュアル
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。